現在フレッツ光にご加入の方や他社の光コラボを既にご利用になられている方で他社に乗り換えを検討している人って意外に多いです。理由は下記の2つにあります。

  • フレッツ光は月額料金が高い
  • フレッツ光は回線速度が遅くイライラする。安定しない又はつながらない

DMM光は光コラボの中でいち早く次世代通信技術のv6プラス接続に対応し、いつでも回線速度が速く、月額料金も安いとの評判です。DMM光への乗り換えはとてもおすすめしたいです。
そしてフレッツ光やDMM光含めた光コラボはNTT東日本/西日本の光回線なことから、DMM光への乗り換えは工事が不要で手続きもとても簡単です。

DMM光に乗り換えたらどんなメリット?

DMM光に乗り換えたらどんなメリット?

フレッツ光からDMM光に乗り換えした時の月額料金

現在フレッツ光に契約されている方は別途プロバイダーとも契約されていますよね。そしてその合計月額料金はご利用のプロバイダーにより違いますが、上位4社の平均で計算しますと6,658円かかっています。人によってはもっとかかっている方も多いかと思います。

そしてDMM光に乗り換えた場合は、プロバイダー料金込みで月額4,820円ですので、1,838円お安くなり年間ではなんと22,056円安くなる計算です。

 

DMM光とフレッツ光の料金比較

 

乗り換えるプロバイダーによっては少々サービスの違いがあることで、単純な料金比較とはいきませんが、特別なオプションサービスに加入していない方は、この程度の恩恵がありますので相当お得です。

DMMモバイルとのセット割り

最近は格安スマホの方も随分増えましたね。そしてDMM光にはDMMモバイルとのセット割引きがあります。

DMM光とDMMモバイルのセット割り:毎月500円

格安スマホとのセット割りで更に割引きがあることからかなり格安です。DMM光へのお申し込みを検討される方は、これを機にDMMモバイルに変えることも同時に検討してみてください。

v6プラス対応のDMM光にかえた回線速度

DMM光は次世代通信技術のv6プラスを採用していることで、いつでも高速通信が可能です。

フレッツ光はNTT東日本/西日本の光回線でとても信頼性が高いものの、近年動画配信サービスやスマホの普及で大変混みあっています。結果一部の地域の時間帯では極端に回線速度が低下しています。

v6プラスは混みあっている場所をバイパスするようなイメージで、いつでもサクサク高速通信が可能です。

v6プラスのイメージ

 

v6プラスは光コラボではまだ一部のみの対応です。現在ご利用の光コラボで速度にご不満がある方やフレッツ光のご利用者は、回線速度も早く低価格なDMM光に乗り換えすることをおすすめします。

DMM光に乗り換えるにはどうすればよいの?

DMM光に乗り換えるにはどうすればよいの?

乗り換え手続きの流れと料金

現在フレッツ光をご利用の方がDMM光に乗り換える場合の手順をご説明します。一般にフレッツ光から光コラボへの乗り換えは「転用」と言います。

【フレッツ光からDMM光へ乗り換え(転用)の手順】

  1. フレッツ光(NTT東日本/西日本)へ転用承認番号を申請し受け取る
    NTT東日本 https://flets.com/tenyou/ 0120-140-202
    NTT西日本 http://flets-w.com/collabo/ 0120-533-104
  2. DMM光申し込む
  3. 現在ご利用中のプロバイダーを解約

1と2の順番が逆でも問題はありません。DMM光のお申し込み窓口から1に記載の転用の手順の説明がありますので・・・
そして乗り換え時の【事務手数料】は2,000円です。

DMM光へ乗り換えのまとめ

DMM光へ乗り換えのまとめ

DMM光へ乗り換えた時のメリットをまとめてみました。

  1. ほとんどの方が月額料金が大幅に下がる
  2. DMMモバイルとのセット割りで更にお得に
  3. v6プラス対応で回線速度が速くなる

実は乗り換え(転用)はフレッツ光を運営しているNTT東日本/西日本も積極的なんです。なぜならばNTT東日本/西日本側は、DMM光へ乗り換えた後も今まで同様に光回線の利用は継続されるにもかかわらず、個人利用者への手間が無くなるからです。
これがNTT東日本/西日本の戦略で「卸売りを開始し光コラボを始めたメリット」の恩恵なわけですから・・

DMM光への乗り換えは利用者に大きなメリットがあります。是非乗り換えを検討してみて下さい。

 

>>v6対応で高速光回線【DMM光】のお申し込みはこちら<<

>>DMMモバイルとのセットでさらにお得!<<